クレジットカード換金のトラブル事例

HOME » 換金の真実 » クレジットカード換金のトラブル事例

クレジットカード換金のトラブル事例

初めてクレジットカードの現金化をする人は必見です!
詐欺業者に騙されないために、できることとはなんなのでしょうか?
今回は、クレジットカードショッピング枠の換金に関するトラブル事例を紹介します。

まだよくあるのが、ショッピング枠で買い物をした後に音信不通になるようなケースです。
そういうケースでは、使った分の枠が全額損をすることになりますので最悪だといえます。
もしそういう被害にあったら、速やかに警察に通報するようにしましょう。

他には、広告に提示されている還元率とは違う還元率でお金が返ってきているということ。
どれもよくあるケースです。
最初は8割の還元率だと聞いていたのに、色々な言い訳をつけて5割以下の還元率て現金が返ってくるという事例です。
現金が返ってくる分まだマシなのかもしれませんが、大体は納得いかないまま泣き寝入りで終わってしまいます。
できることなら事前に、電話で具体的な還元率について質問をしておくのが良いかと思われます。

後は、現金化が正常に行われなかったので連絡をしてみたところ、電話にも出ない、さらには所在地を Google で調べたところ、そこに業者の名前の会社は存在していないというようなケースです。
存在していない架空の会社を広告に載せて、ホームページで集金しているという悪質な手口です。
このようなケースを見に見舞われた場合も、速やかに警察に通報するようにしましょう。

いろいろ書きましたが、このような事例は全体のごく一部でしか起こっていません。
所在地が正しく明記されているほとんどの業者で、正しくクレジットの換金が行われています。
ごく稀にいる悪質な業者に引っかからないようにすることが大事で、そのためには事前のリサーチが欠かせません。
クレジットカード現金化業者は、たくさん業者がいますので、色々な情報を集めて業者を比べて見ることが肝心です。
その時に少しでも怪しいと感じた業者とは取引せずに、他の現金化業者を選ぶようにすると、トラブルに見舞われる可能性が減ります。
まずは、取引前のリサーチを欠かさないようにしましょう。