クレジットカード換金業者の特徴

HOME » 換金の真実 » クレジットカード換金業者の特徴

クレジットカード換金業者の特徴

クレジットカードの換金は、自分でも出来ますが、面倒くさい作業が多くなりますし、換金までに時間も掛かります。
クレジットカード現金化専門の業者に任せた方が、リターンが大きく簡単です。
ただ、初めて業者に申し込むのは少々不安があるかもしれません。
そもそもクレジット現金化業者の正体とは一体なんなのでしょうか?

業者の正体は、中古の買い取り業者です。
貸金業者ではありませんので注意が必要となります。
利用者側も、相手が貸金業者ではないため、クレジットカードの現金化に厳しい審査があるわけではなく、 意外にすんなり現金化ができます。
このようなクレジットカード現金化業者が営む買い取り業務には、古物買取商の免許が必要なので、 お店では古物買取商の番号が記載してある看板が、インターネットでは同じく古物買取商の番号が明記されているホームページがないといけません。

このような業者を利用すると、手数料がかかってしまうのは致し方ないでしょう。
大体の相場は、買取金額の1割から3割を目安にしておくと良いかと思われます。
業者によって手数料の割合が変動しますので、複数の業者を比べてみて手数料が安い所を選ぶようにしたほうがいいです。
手数料が高いところだと5割もピンハネされる場合があるようなので、注意して業者を選定する必要があります。

初めてクレジットカード現金化業者を利用する人は、自分の個人情報を相手に提示するのに不安を感じる人もいるでしょう。
実際にインターネット経由でクレジットカード現金化を応募する時には、個人情報を記載したり免許証の画像を送ったりしますので、その点を考慮しないといけません。
しかし、正規業者を選んでおけば間違いないので、過度な心配は不要です。

クレジットカードの換金を専門にやっている業者は、ここで説明したように中古商品の買い取り業者と同じ手順で商品を買い取り現金化を行っています。
手数料は抜かれますが、基本的には自分で転売するより高く買い取って貰えることが多いので、現金が欲しい人にはとても助かるサービスということになります。