クレジットカード枠の換金は違法?

HOME » 換金の真実 » クレジットカード枠の換金は違法?

クレジットカード枠の換金は違法?

最近、有効な現金化手段として人気のあるクレジットカードのショッピング枠の換金。
一見すると不正行為のように思われがちなクレジットカードの現金化ですが、どうなのでしょう?
クレジットカードのショッピング枠を換金する行為は、果たして違法なのでしょうか?

基本的には、クレジットカードの換金は違法ではありません。
クレジットカードを換金してくれる業者は商品を買い取るだけなので、 いわゆる中古の買い取り業者と同じ仕事をしてるだけなのです。
これが違法になるとリサイクルショップや金券ショップも違法ということになります。
ですから、ユーザーは何の問題もなく利用してもいいかと思われます。
特に大手のクレジットカード現金化業者になると、自分で商品を転売するより高い還元率で買い取ってくれます。
大手はユーザーが多いので薄利多売で営業できる分、利益をユーザーに還元してくれるというわけなのです。

ただクレジットカード現金化業者の数は多いので、業者を色々比較してみて還元率やサービスを比べてみてください。
中には、現金化手数料以外の手数料を徴収するところもあるので、ホームページにある申し込み時の注意点などをよく確認して、手続きをするようにしましょう。
業者の中には、クレジットカード現金化の還元率アップ特別キャンペーンをやっているところもあります。
そういう期間限定のサービスを利用すれば、お得にクレジットカード枠を換金することができるでしょう。

大体9割を超える還元率になると、ユーザーにとってメリットが大きい現金化になってると思われます。
6割以下だと業界の相場としては安い還元率です。
もっと探せば、それよりも高い還元率の業者はたくさんありますので、インターネットで十分に検索してみてください。
ネット検索は上手に活用することが肝心です。
インターネットで検索すると、高い還元率で現金化してくれる大手現金化業者の情報がたくさん出てきますので、よく調べて申し込んでみましょう。